コーヒーメーカー

TOMIX.com

コーヒーメーカー

コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料であり、家庭や飲食店、職場などで飲用されています。
歴史への登場はアルコールやお茶には遅れますが、人類との関わりが最も深い嗜好飲料といえるのではないでしょうか。

また世界各国で、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきました。
更に、石油に次いで貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されているのだそうです。

大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されています。
また、カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象ともなっているそうです。

コーヒーとは?

コーヒーとは?

コーヒーの木の種子(いわゆるコーヒー豆)を焙煎し、砕いて、湯や水で抽出した飲み物がコーヒーとなります。
カフェイン飲料の代表格として世界中で人気の飲料ですね。
作業や仕事の合間にたしなまれることも多いため、ディスプレイやキーボードの上に噴き出されることもしばしばあるのでは?

コーヒーに含まれるカフェインには、眠気覚まし、利尿効果があります。
利尿作用については、カフェインが自律神経に作用し腎臓に流れる血流を増大させるため、と考えられているそうです。
なので、コーヒーを飲むと体のむくみが取れたりもするみたいですよ。

ただし飲みすぎると利尿作用でトイレが近くなったり、刺激で胃が荒れたり、眠れなくなったりするとされています。
日本人もコーヒーが大好きなためか、やたらとコーヒーチェーン店や喫茶店(カフェ)が多いですよね。
コーヒー豆をひいた粉から抽出するレギュラーコーヒー以外にも、缶コーヒーやインスタントコーヒーなども普及しており、手軽に楽しむことができるようになっています。

コーヒーの効能

コーヒーの効能

コーヒーの効能の代表的なものに「眠気を覚ます」という効果があります。
これはコーヒーに含まれるカフェインによる作用ですが、広く一般的に知られているコーヒーの効能ではないでしょうか。

その他、お茶(紅茶)などにも多く含まれています。
これはカフェインを摂取することにより大脳皮質が刺激され、眠気や疲労感の緩和、集中力(思考力)の増加を促す作用が働くためなんだそうです。

よく受験勉強の風景などでコーヒー片手に机に向かっているシーンが取り上げられますが、これはコーヒーの効能を表現した典型的なワンシーンといえるでしょうね。




HOME - コーヒーの歴史 - コーヒーメーカーとは? - おすすめのメーカー - おいしいコーヒーを飲むためには - サイトマップ